CONCEPT

「インテリアデザイン」×「医療」の視点で
カラダとココロの健康を育む

魅せるインテリアから人を「健康」に導くインテリアへ

ACTIVE CARE(アクティブ・ケア)とは

これまで心身の健康に重要なのは、食生活や運動など「生活習慣」の改善だと考えられてきました。
「インテリアデザイン×医療」の視点から生まれたアクティブ・ケアでは、「インテリア=生活環境」と捉え、日々の暮らしの中の「刺激」に着目。
人が過ごす「生活環境」を整えることで刺激によるストレスを軽減し、人を健康へと導く、空間創造のための新メソッドです。

その原点は、人の健康を第一に考えた空間づくり。
照明、建材、カラーコーディネート、家具など、健康に配慮したさまざまなプランニングを行います。
片頭痛や睡眠不足、うつ病、薬だけでは治らない原因不明の不定愁訴が増える現代において、自分自身の健康を守り、
さまざまな症状と上手に向き合う、前向きで積極性のある健康管理の手法として、アクティブ・ケアは大きな可能性を秘めています。
医療との連携により、このメソッドは日々進化していきます。

人が存在するさまざまなシーンへの可能性

今、日本は健康寿命の延伸や医療費削減、健康経営など、健康を取り巻くさまざまな課題を抱えています。
アクティブ・ケアは、「生活環境」からのアプローチによって、
これらの課題解決を目指すとともに、予防ヘルスケアへの貢献にもつながるものと確信しています。
人が存在するさまざまなシーンで、カラダとココロのケアをめざし、健康に配慮したインテリア空間を創造します。

Health for Smile
健康はみんなの笑顔のために。