人を健康に導くインテリアを伝えたい

 

インテリア提案は人の幸せを願い、より快適な暮らしを得ていただくために存在し、デザインには、時間価値を高める力があると考えてきました。
私は医学との出会いによって、これらの役割の本質は「人を健康に導くこと」にあると気づきました。
医学の知識を得ることは、「人」をもっと深く知ることに繋がります。
さらに医学とインテリアが融合することによって、デザインの力を多くの方の健康に役立てることが可能となります。
健康への意識が高まる中、今までの枠を超えた活動の必要性を感じ、「日本インテリア健康学協会」の発足に至りました。
協会活動を通じ情報を共有させていただきながら、この想いに共感頂ける多くの皆様と出会えることを願っています。

2018年2月
一般社団法人日本インテリア健康学協会
代表理事  尾田 恵

 


 

尾田 恵/略歴

三菱地所、インテリア事務所勤務を経て、2007年株式会社菜インテリアスタイリングを設立。
住宅、商品企画、福祉施設、TV番組等様々なインテリアに携わる。
8年に渡る、医療とインテリアを融合したプロジェクト「Active Care®」(アクティブ・ケア)をもとに、
身体と心のためのインテリア手法「インテリア健康学」を提唱。
2018年「日本インテリア健康学協会」を設立。医療機関との共同研究にも参画し、新たなインテリアの可能性に向け活動を進めている。

公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID)正会員
照明学会会員 日本頭痛学会会員