EVENT & SEMINAR

11月19日 「アクティブ・ケアセミナーVol.1」開催のおしらせ

「インテリア(生活環境)」×「医療」の視点で、カラダとココロの健康を育む「アクティブ・ケア」をより多くの方に知っていただくため、11月19日(火)「アクティブ・ケアセミナー Vol.1」を開催いたします。

約3000人を対象に、室内の光環境が健康に与える影響に関する疫学研究(平城京スタディ)を実践、
2018年日本医師会医学研究奨励賞受賞など、メディアからも注目される奈良県立医科大学の医師 大林賢史准教授、
商品開発や患者にも医療者にも優しいクリニックの照明計画などに携わる大光電機の古川愛子氏をお招きし、
JIHSA代表の尾田恵とともに、それぞれの分野から「光と健康」への取り組みを紹介します。
3人によるトークセッションでは、医療・商品・デザインの3つの力で創造する、「人を健康に導く生活環境づくり」について話し合います。

建築学と医学の間で「光環境」をテーマに研究活動をされている、
奈良医大の医師、大林賢史准教授にご登壇いただける貴重な機会です。

セミナー終了後は登壇者も交え、皆さまとの交流会も予定しております。
ぜひご参加ください。

【テーマ】
「~インテリアから考えるこれからのヘルスケア~『光と健康』」

【主催】
一般社団法人 日本インテリア健康学協会(JIHSA)

【日時】
2019年11月19日(火) 15:00 スタート(受付14:30)
[第一部] 15:00~17:30 セミナー&トークセッション
[第二部] 17:30~18:30 参加者交流会

【会場】
株式会社サンゲツ 品川ショールーム
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー4F

【参加費】
3,500円 (交流会費用含む) *会費は当日ご持参ください。
(ただし、JIHSAメルマガをご登録の上、11月5日(火)までにお申し込みの方は3,000円)
ご登録はこちら

【申し込み】
こちらからお申し込みください。

【申し込み期限】
2019 年11 月15 日( 金) まで
定員:先着50 名様 *定員になり次第締め切らせていただきます。

【プログラム】
室内光環境の健康影響|最新の医学エビデンス
奈良県立医科大学 疫学・予防医学講座 准教授 大林賢史氏
最新照明デザインとメディカル分野の可能性
大光電機株式会社 住宅デザイン部 古川愛子氏
「 アクティブ・ケア」から考える光環境
インテリアデザイナー/ 日本インテリア健康学協会(JIHSA) 代表理事 尾田恵
トークセッション
登壇者を交えた参加者交流会 *簡単なお飲み物等をご用意しております。

【講師紹介】
大林賢史
奈良県立医科大学 疫学・予防医学講座 准教授
2002年東京医科大学医学部卒業、東京女子医科大学心臓血圧研究所付属循環器内科入局後、2010年奈良県立医科大学住居医学講座助教、2012年同地域健康医学講座助教を経て、2017年より現職。光環境や生体リズムの健康影響に関する疫学研究を実施している。医師、医学博士。専門は疫学、循環器内科学。
専門分野: 時間疫学、循環器内科学
研究テーマ: 日常、私たちが無意識に浴びている光が体のリズム(サーカディアンリズム)や 健康に及ぼす影響について研究しています。現代人は屋内生活で日中に浴びる光 が少なく、夜間は人工照明などで浴びる光が多くなっています。このような自然と異なる光の浴び方が健康に及ぼす影響を、疫学的手法を用いて明らかにしたいと考えています。
主な受賞:2018年 日本医師会医学研究奨励賞
2018年 日本疫学会奨励賞
2014年 日本時間生物学会学術奨励賞
奈良県立医科大学 疫学・予防医学講座

古川愛子
大光電機株式会社 住宅デザイン部
武蔵野美術大学・空間演出デザイン学科卒
2003年大光電機株式会社入社。ホテル等大型商業施設の照明計画に約6年携わった後、住宅専門のTeam TAKAKIの一員に。主に高額物件・展示場・クリニック等の照明計画、カタログ品の商品開発、照明ノウハウのセミナー等幅広く活動中。
「患者さまにも医療者にもやさしいクリニックの照明計画」

尾田恵
インテリアデザイナー/日本インテリア健康学協会(JIHSA)代表理事
大手不動産会社、インテリア事務所勤務を経て、
2007年菜インテリアスタイリングを設立。住宅、福祉施設、TV番組、商品開発など様々なインテリア実務に携わる。2018年JIHSAを設立。身体と心の健康を目指した「アクティブ・ケア」を提唱し、新たなインテリアの可能性に向け活動している。
日本インテリア健康学協会(JIHSA)ホームページ

 

詳細はこちら:2019年11月19日|JIHSA主催セミナーvol.1

関連記事一覧